現在表示しているページ
HOME採用情報先輩紹介インタビュー07:技術職/技術部

採用情報

先輩紹介 インタビュー07:技術職/技術部

インタビュー07 技術職 お客様が期待する以上の製品を設計する 技術部 稲垣統久(入社8年目)

―転職組ですが、不安はありませんでしたか。

地元が東郷町なので、「東郷製作所」の名前は子どもの頃から知っていました。自宅からも近く、仕事内容も希望通り設計の仕事でしたので、不安というよりは期待感の方が大きかったです。

―入社後すぐに仕事は覚えられましたか。

主に自動車のエンジンに使用する圧縮ばねの設計・開発に携わっていますが当然ながらまったく初めての経験でした。具体的には、試作品を作り、評価を繰り返した後、お客様の要望以上の高いクオリティを持った製品を設計するのが私の仕事。中には、数年もの時間をかけて、ようやく図面化できたというものもあります。
職場の先輩から「わからないことがあったら何でも相談してほしい」と声を掛けていただけたこともあり、比較的スムーズに仕事を覚えることができました。とは言うものの、さすがに先輩も忙しく、付きっ切りで手取り足取り教えてくれるようなことはありませんでしたが、こちらが質問したことに丁寧に答えていただけました。

―自分自身の成長を実感する時はありますか。

自分自身の成長を最も実感したのは2010年から2年間、取引先のひとつである自動車メーカーへ出向したときです。右も左もわからない環境の中、与えられた任務をやり遂げることができたことで、自分に自信がつきました。
出向先では、当社製品が使われる使用環境や周辺部品の知識を学ぶことができ、また新しい人脈もできました。この経験は今でも自分の大きな財産で、自社に復帰してからも仕事で十分に活きています。今も後輩が出向していますが、同じように色々なことを経験しているように思います。

―これから入社してくる後輩たちにメッセージをお願いします。

私自身、自動車が大好きで、好きだからこそ自分の仕事にも好奇心を持って貪欲に取り組めていると思います。何事も同じだと思いますが、受身ではなく好奇心を持って積極的に取り組むことで、自分の成長につながり、またやりがいを感じることが出来ると思います。
仕事への価値観をどう持つか。それぞれの心の持ち方、意識によって成長できるかどうか変ってくると思いますので、ぜひ仕事を楽しむ気持ちで入社してきて欲しいですね。

ページのトップへ