現在表示しているページ
HOME採用情報働く環境と制度家庭と仕事の両立支援

採用情報

家庭と仕事の両立支援

東郷製作所では、多様で柔軟な働き方を選択できるよう、労働時間の短縮を中心に労使が一体となって様々な取り組みを実施しています。これまで、短時間勤務や育児・介護休業などの制度の整備に取り組んできました。
社員一人ひとりが自分の力を十分に発揮し、働き甲斐をもって働き、多様な意識と価値観に沿ったワーク・ライフ・バランスが実現できる魅力ある職場環境の実現を目指しています。

仕事と育児・介護の主な両立支援制度一覧

項目 内容
妊娠期 軽易業務への転換
産前・産後休暇
  • 産前休暇(6週間(多胎児の場合14週))
  • 産後休暇(8週間)
育児期 休暇制度
  • 育児休業(最長満1歳6ヶ月に達するまで)
柔軟な勤務時間制度
  • 育児時間(2回/日 各30分)
  • 所定外労働の制限
  • 育児短時間勤務(午前9時から午後4時までの6時間)
  • 子の看護休暇(子1人につき5日/年、2人以上の場合上限10日/年)
  • 時間外労働の制限(24時間/月・150時間/年まで)
  • 深夜業の制限(午後10時から午前5時までの間)
教育訓練
  • 3ヶ月以上の育児休業をする従業員で、希望者には休業期間中、職場復帰プログラムを実施する
介護期 休暇制度
  • 介護休業(当該家族1人につき通算124日間の範囲内)
柔軟な勤務時間制度
  • 介護休暇(当該家族1人につき5日/年、2人以上の場合上限10日/年)
  • 介護短時間勤務(午前9時から午後4時までの6時間)
  • 時間外労働の制限(24時間/月・150時間/年まで)
  • 深夜業の制限(午後10時から午前5時までの間)
教育訓練
  • 1ヶ月以上の介護休業をする従業員で、希望者には休業期間中、職場復帰プログラムを実施する

妊娠から産休、育児休業、復職後の流れ

結婚や出産など、ライフステージの変化によって、仕事と生活の配分はその時々で微妙に変化していきます。育児・介護のためフルに働きたくても働けない時、一度退職して時期を見ての再就職、という方法もありますが、せっかく培ってきたキャリアや人脈を途切れさせるのは、非常にもったいないことです。
東郷製作所では、皆さんのキャリアが途切れないよう、フルタイムで働けない時でも、通常の75%の勤務を選択することができます(短時間勤務制度)。
そして、フルに働ける状況になった時、再びキャリアを高めることができます。

図:妊娠から産休、育児休業、復職後の流れ

ページのトップへ