現在表示しているページ
HOME採用情報若手社員に聞きました!想いを語る!若手座談会

採用情報

想いを語る!若手座談会

-社会人になって学生時代に勉強したことは役に立っていますか?

技術部 細川【入社1年目】
細川:
僕は技術部に所属していますが、この仕事で必要となる知識は、学生の時に学んできたものよりあらゆる面で遥かにレベルが高いです。僕自身、学生時代の知識である程度までは通用するだろうと思っていた部分がありましたが、一切そんなことはありませんでした。学生時代以上に、毎日学んでいると実感する事の方がたくさんあります。
技術部 柴田【入社2年目】
柴田:
僕は、役に立つ瞬間が多々あると思いました。会社に入ると、政治・経済の知識だけでなく、様々な自身の「知識」がどこで使われるかはわかりません。その中でも特に重要だと感じたのは「教養」です。最近だとお客様とお話をしていてそう思いました。言葉づかいもそうですが、「常識」を知っていないと社会人として認めてもらえない時もあります。自分自身、そのことで悔しい経験をしました。
調達部 花木【入社2年目】 グローバル営業部 原田【入社2年目】

-皆さんはどうですか?

原田:
会社の製品の知識はもちろんですが、お客様とお話をする為の一般常識、教養的な話、マナーなど、社会人になっても勉強を続けていく必要があります。学生の間は「勉強をする」という行動を身に着けて、自分が社会人としてどのように行動していきたいかを考え、社会に出てからも勉強を続けていける土台を創る準備期間なのかなと今は思います。
花木:
私は学生の時に特に意識して色々な人と話す機会はあまりなかったのですが、会社に入ってからたくさんの方と話す機会が増えました。特に私は調達部に所属しているので、仕入れ先の方とお話する機会が多々あるんです。いろいろな立場の方々とお話しする中で気付くことはたくさんあります。学生の時に経験できなかったことを今仕事の中で経験しています。

-会社の良いところを教えてください。

生産技術部 黄【入社1年目】
黄:
まず、自分がどのような仕事をしてみたいかを上司に相談することができ、そのチャレンジを後押ししてもらえるところですね。内容によってやれる事やれない事はもちろんありますが、必ず相談したことに対してアドバイスをくれます。今の部署に配属された時もそうでした。新人だからと仕事を任せないのではなく、実践で覚えていけるように実際の現場へすぐ自分を投入してくれました。これから役立つ経験を積ませてくれます。
原田:
あと、東郷製作所は非常に有給を取りやすい会社です。なかなか取り難い会社も珍しくない中でここは非常に良いところだと思います。

-皆さん、お住まいはお近くですか?

全員:
そうですね。実家から通っています。
加藤:
僕は実家が岐阜県なので、一人暮らしをしています。会社の寮に入る選択肢もありましたが、大学時代からずっと一人暮らしをしていたので、その流れで会社の近くにアパートを借りました。
黄:
僕は寮に入りました。食事の面でも心配がなくなりますし、寮費には光熱費も含まれていて大変助かっています。また、会社の先輩も多数入寮されていることから、早く友人ができそうだったので。
生産技術部 加藤【入社2年目】

-女性の皆さんの視点から見て、会社の雰囲気はどうですか?

総務部人事課 福岡【入社3年目】
花木:
とても働きやすいですよ。皆さん仕事中色んな場面でフォローしてくれて優しいです。いつも気にかけて助けてくれますね。でも、重たい荷物は自分で運んでいます。そこは頑張って運んでいます。(笑)
福岡:
東郷製作所は男女共に育児・介護休暇の取得や、それらの生活に合わせた勤務体制への変更を行える制度があり、愛知労働局から「子育てサポート企業」に認定されています。実際に今も産休・育休制度を利用されている方がいらっしゃいます。制度を活用しやすい社風なのが良いですね。

-男性の皆さんはどう思いますか?

原田:
育児や介護をサポートする制度を東郷製作所が整備してきたように、今、世の中は男性も女性も平等という社会に変わってきています。男性以上に仕事をこなす女性は社会にはたくさんいらっしゃるので、今後どんどんそういう方が増えてくるといいなと期待しています。性別に関係なく、それぞれの良さを活かしながら一緒に仕事をしていく機会がもっと増えれば、お互いに学び合えることがたくさんあると思うんです。
黄:
生産技術部の仕事は、「まずは試してみる」という機会が多いのでとても楽しいです。現在、生産技術部在籍の女性は少なく、うちの課に女性はいませんが、男女問わず失敗しても落ち込みすぎない、ポジティブなメンバーと一緒に働けると職場の雰囲気もより明るくなるだろうなと思います。
柴田:
技術部も圧倒的に男子が多いですが、中には複数のお客様の担当を持って活躍されている女性の先輩もいます。徐々にではありますが、性別関係なく働けるように変わってきていると感じます。
原田:
そういう方が増えると、会社もより一層活気が出てくると思います。

-今後会社に期待していることはありますか?

原田:
東郷製作所は地元密着型企業なので東海地方出身の方が多くいらっしゃいます。アットホームでのびのびとした社風も、地元とのつながりがあるからだと思うのですが、黄さんのような海外出身の方、東海地方以外の方等、色々な個性を持った方々と一緒に働きたいとも思っています。地域密着型の良いところを残しつつ、新しい方面からの刺激もあると会社にもっと多くの可能性が増えると思います。
福岡:
先ほど女性の話が出ましたが、最近では女子大等でも説明会を開催していて、もっと色んな方に知って頂く機会を作っていこうとしています。今より更に働きやすい体制を整えていこう!という雰囲気が東郷製作所にはあるので、どんどん取り組んでいきたいと思います。

-ありがとうございました!

  • 想いを語る!若手座談会
  • 若手社員アンケート

ページのトップへ